活動報告

「子どもの眠り」をテーマに講演実施


9月7日に行われた「すいみんの日」市民公開講座(江戸川大学睡眠研究所主催・柏市共催)で、睡眠・生活研究所の神川康子所長(主席研究員)が「子どもの眠り」をテーマに講演をいたしました。

講演内容から一部抜粋

毎年30~40校の幼・小・中・高の教育現場へお邪魔していますが、先生方からは「スマホやゲームで夜更かしがひどい、学校でボーっとしているかイライラしている」、家庭からは「朝が起きられず、学校に行きたがらない」「スマホやゲームのことで言い争いになる」という声がよく聞こえてきます。そして、子ども達自身も「なかなか寝付けない」、「朝が起きられない」「学校で眠い、調子が悪い」「集中できない」などの声と、どうしたら改善できるのかと頻繁に尋ねられます。三者の願いを叶えていく鍵は「睡眠」に在りです。

睡眠教育の重要性と機会

今回の市民公開講座以外にも、今年の夏は6件の睡眠講座を開催しました。睡眠に関する教育は、年々、浸透してきているようです。子どもたちの眠りの改善を実践することで、子どもたちの心身の健康や勉強の成績にも良い影響がもたらされます。きっと、未来を担う子どもたちは「睡眠力」をもった人財へと成長していくことでしょう。

金沢市立三谷小学校での睡眠講演 立山町立雄山中学校での睡眠講演 私たちは「眠りで世界の人を元気にする」を実現するため、これからも睡眠に関する正しい知識の啓発普及に努めてまいります。


関連コンテンツ
活動報告

日本睡眠学会第46回定期学術集会で口演発表

2021年9月27日
エムール睡眠・生活研究所
エムール睡眠・生活研究所は、日本睡眠学会第46回定期学術集会の一般演題で「女子プロサッカー選手と一般女性の睡眠・生活習慣の比較」に関する研究について口演発表いたしました。日本睡眠学 …
活動報告

「睡眠と免疫力」に関してのインタビュー記事が掲載(北日本新聞2022年1月16日付)

2022年1月17日
エムール睡眠・生活研究所
「子どもの冬場の風邪予防」というテーマで、睡眠と免疫力に関してエムール睡眠・生活研究所の神川所長(富山大学名誉教授)が北日本新聞(2022年 …