活動報告

日本睡眠学会第44回定期学術集会にてポスターセッション


エムール睡眠・生活研究所(神川康子所長)は、名古屋で開催されました日本睡眠学会第44回定期学術集会にて、ポスターセッションを行いました。

発表概要

テーマ:発達および睡眠・生活習慣が重心動揺検査に及ぼす影響

自律神経機能の乱れを客観的に判断することができる重心動揺と睡眠習慣の関連性を明らかにすべく、発達途上段階にある小学生(3~6年生)および生活習慣が乱れがちな大学生(3~4年生)を対象に調査および実験を実施いたしました。

 

今回の調査結果

睡眠習慣が日中のパフォーマンスに影響を及ぼすことの一端が明らかになりました。 また、具体的に自律神経機能を改善するためには、小学生段階においては、自立起床を促し朝の気分を向上させることや食事や排便などの生理的健康度を向上することが必要である点、大学生においては、スマートフォンやPCの操作時間を自己管理し、睡眠相後退を改善することで睡眠時間を確保し、身体的・精神的疲労を改善することが必要である点を明らかにいたしました。


関連コンテンツ
活動報告

「睡眠と免疫力」に関してのインタビュー記事が掲載(北日本新聞2022年1月16日付)

2022年1月17日
エムール睡眠・生活研究所
「子どもの冬場の風邪予防」というテーマで、睡眠と免疫力に関してエムール睡眠・生活研究所の神川所長(富山大学名誉教授)が北日本新聞(2022年 …
活動報告

日本睡眠学会第46回定期学術集会で口演発表

2021年9月27日
エムール睡眠・生活研究所
エムール睡眠・生活研究所は、日本睡眠学会第46回定期学術集会の一般演題で「女子プロサッカー選手と一般女性の睡眠・生活習慣の比較」に関する研究について口演発表いたしました。日本睡眠学 …